タイトルイメージ:指導員の紹介

東京首都西支部 指導員の紹介

支部長 師範 小林 清亮(六段)

1971年生まれ東京都出身
1992年国際空手道連盟 極真会館(現 新極真会)
ニューヨーク支部 入門
1996年ニューヨーク支部にて黒帯取得
同年帰国後、武道センター(現、総本部)へ移籍
1997年全中国大会出場 ベスト8 敢闘賞
1998年山形県大会 準優勝
同年全北海道大会 優勝
2000年第17回全日本ウェイト制(中量級)出場 ベスト16
2001年総本部道場指導員 就任
同年全関東大会(中量級) 3位
2002年WKO昇段審査会にて弐段取得
同年第19回全日本ウェイト制(中量級)ベスト8
2004年西ロシアサマーキャンプへ指導員として派遣
2006年WKO審査会にて参段取得
2007年JKO理事会において独立承認
同年中野道場設立 責任者就任
2008年第40回全日本空手道選手権大会出場
2009年第26回全日本ウェイト制(中量級)出場
2010年WKO昇段審査会にて四段取得
2015年世界カラテセミナー昇段審査にて五段取得
2022年6月に昇格し支部道場名が(中野道場)から東京首都西支部に
変更になりました。

第29,33,36,37,38回、40回と6度の全日本大会出場を経験


空手だけではなく、ボクシング、柔道、寝技なども稽古の中に積極的に取り入れ、総合的でバラエティにとんだ稽古が道場生からの圧倒的な支持を集めている。
また、空手道だけではなくサーフィンもプロ級の腕前で、クイックシルバーのライダーでもある。

指導員 小林新侍(弐段)

1975年生まれ広島県出身
1996年就職のため上京
2000年某道場において空手を始める
2006年新極真会中野道場に入門
2007年関東大会出場
2008年埼玉交流試合重量級優勝
2010年カラテ ドリームカップ2010
(シニア35~40歳 重量級)3位
同年第1回埼玉県空手道選手権大会
2011年JKO昇段審査会にて初段取得
同年第16回全関東空手道選手権大会出場
同年カラテ ドリームカップ2011
(シニア35~40歳 重量級)準優勝
2012年第17回全関東空手道選手権大会
シニア35以上-40未満重量級 優勝
2013年第18回全関東空手道選手権大会
シニア35以上-40未満重量級 優勝
2017年埼玉県空手道選手権大会
シニア40重量級 組手 準優勝
2022年中野本部道場昇段審査会にて弐段取得

現在ビジネスマンクラスの指導員を担当。テーマは『誰にもできる空手』です。時間的制約があるビジネスマンの方々が自分の目的に応じて、自分のペースで 空手を楽しんで続けることのできるクラスを目指しています。

名誉指導員 ペイタ・クリンクスポール(初段)

1979年生まれオランダ出身
2002年来日、京都大学正道会館空手サークル入門
2003年4級取得、オランダに帰国
同年新極真会入門
2007年埼玉交流試合重量級優勝
2010年第50回関東交流試合出場
2011年JKO昇段審査会にて初段取得
同年第9回川崎東交流大会 一般上級 準優勝
2012年4月 オランダに帰国

指導員 硲博巳(一級)

1994年生まれ新潟県出身
2010年新極真会 新潟支部佐渡道場入門
2012年新潟県交流試合中級の部優勝
2012年新潟県空手道選手権大会出場
2013年東京中野道場に移籍
2013年第11回川崎交流試合中級の部準優勝
2013年第10回新潟県空手道選手権大会出場
2013年第4回埼玉県空手道選手権大会出場
2014年第19回全関東空手道選手権大会出場
2014年第25回埼玉県新人交流試合準優勝
2014年カラテドリームカップ2014国際大会出場
2014年第1回全北陸空手道選手権大会出場
2014年第5回埼玉県空手道選手権大会出場
2017年埼玉県空手道選手権大会
一般上級軽量級 組手 準優勝

日曜日、合同クラス指導員